愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

大掃除


本日も体感気温がマイナス16度とかいっています。そんな中黙々と掃除。ダストアレルギーがひどいので、引越し・掃除のたびにくしゃみがとまらず、最後には高熱でダウンしてしまふ。そしていくら掃除してもホコリってたまるのはなぜ・・・。食べ物から何からばんばん捨てる。引越し屋さんはうちはモノが少ないから楽とかいっていたけれど、それでも細かいものが多くていやになる。本当に自分で持っておきたいものって、人からの手紙、写真、日記とかぐらいで、あとは全部お金さえだせば買い換えられる。自分にとっての大事なモノって、つきつめていくとすっごく少ないかも。少ないものを、大事に持ってスーツケース1個でいつも移動できればいいなと思うけれど、5年もいるとやはりモノはたまる。引越し屋はダンナの雇用先の引越しを一手に引き受けているところだけれど、アメリカの引越し屋はモノを失くすことで有名らしい。テレビとか出てこなかったりするんだって・・・保険があるからいいけど、大事なものを全部スーツケースに入れて持っていくこともできないので、とても心配。結婚式写真のネガだけは自分で持参。