愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

いろいろ


ダンナをつれて近くに出来た新しいショッピングモールに行ってみる。服はアメリカのほうが安かろうと思っていたら、日本のほうが品質良くそれ以上にお安いことに気がつきびっくり。ついつい色々衝動買い。電気屋にも行ってみる。ダンナ入るなり「オッキィ〜!」ラップトップがほしいのだけれど、日本語OSだと逆にアメリカで使いにくい場合もあり見送る。しくしく。携帯がものすごいことになっていて驚く。デザインとか超かっこいい!私はまだポケベルが使われていた時代に日本を出てしまったので、いまいち親から借りている携帯の機能も使いきれていないのであった。うーむ、7年の歳月はやっぱり大きいですね・・・(涙)マイナスイオンドライヤーを買ってみた。(使ってみたらこれが滅茶苦茶いい!!)


夜は高校時代からの悪友でブライズメイドをやってくれた友人とそのフィアンセと新橋の地鶏の店で会う。ジャズがかかっていてなかなかお洒落。お互いにちょっかいを出し合って相手を怒らせて喜ぶという悪友との関係は15年たった今も大して変わっておらず、会うたびにお互いを罵り合って喜んでいる。フィアンセの人は、もう感動するほど良い人だったけど、そういう彼女の趣向もちゃんとわきまえており、真顔でちゃんと私に代わって彼女に鋭い突っ込みを入れてくれている模様で安心する。ダンナとも一生懸命英語で会話してくれて感謝。テニスボールほどもある球体の氷で飲む焼酎はなかなか良かったです。やっぱり蒸留系のお酒は飲めるみたいで全然酔わなかった。そして石焼ビビンバの器に入った親子丼!うまー。ココロも体もほかほかで帰路に着くのであった。