愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

おうちをみにいくの巻


愉快な冬休み、まずはサンフランシスコへ。ゴムのようなパスタとチキンを食べ、映画を2本見たらあっという間にサンフランシスコに到着。預けていたスーツケースの鍵がTSAによって破壊されていた・・・がーん。父ちゃんから受け継ぎ12年くらい持っていたサムソナイトのスーツケース。長い間壊れることなく十数カ国を旅したスーツケースだったのに・・。鍵をかけてしまった自分が悪いのだけど、以前「鍵はかけたままでいいですよ」って言われたこともあり、航空会社によって言うことが一貫しておらず、ここのところ鍵をかけたままで使っていたのを、今回だけは運悪く開けられてしまったのでした・・・(涙)だいぶ腹が立っていたのと、強気にでれば航空会社が弁償してくれるかも、と思い怒鳴り込み。しかしかなり頭に血が上っていたので喧嘩口調となってしまい、相手を戦闘態勢に入れてしまったのが失敗。結局全然ダメだった。目的を達成するには相手を敵にまわしてはいけないということをすっかり忘れていた・・。TSAに電話もしてみたけど、のれんに腕押し。あ〜あ(涙)誰も責任をとってくれないらしい・・。テロ警戒だったら何をしてもいいのかね。


荷物のことでせっかくの旅を台無しにしてもしょうがないのでとりあえず車を借りてサンフランシスコへ。途中の駅でとめてBARTで市内に入る。とりあえず最初の1ヶ月間住むことになる短期アパートをいくつか見に行く。管理人の一人は約束した時間に訪ねていったら留守であった。会社を通じて電話して来てもらう。15分で来るといって30分またされる。「もしかして、これがカリフォルニア時間というやつか?!」これからはこういう文化の違いにもアジャストしないといけないかもね、と話す。管理人はクリスマスショッピングに行ってしまっていたのだった。でも結局場所的にも、インテリアのかっこよさからも、そして何しろ坂の上で絶景なのでここに決定。ユニオンスクエアまで歩いていく。クリスマス前なので大混雑。Macy'sでスーツケースの代わりを購入。サムソナイトの布のいいやつを、半額で買えたので怪我の功名ということで。やはりSFはDCと比べてショッピングが充実しているわ〜。Macy'sなんて、DCでは田舎のデパートって感じて買い物する気がしないけど、SFのはそれなりに良いものが揃えてあった。やっぱりDCって田舎なのね・・。お店でも、街中でも、アジア人の人が多いのも印象的。そして日本人らしき女の子達が妙にセクシーな格好をして歩いているのも印象的。やっぱり暖かいから?そのまま車で両親の家へ。早速パパのお料理をいただく。今日はお魚、絹さやと中華ソーセージの炒め物、スープ、ダックなどいただく。壊れたスーツケースを開けてみたら、「あんたの鍵こわしましたからね」という手紙が入っていた。むむむぅ