愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

政治はわからん〜

ブッシュをひきづりおろすためにケリーに小銭を献金している陳家ですが、じゃあケリーは本当に何ができるのかなぁ、と考えると実はあんまりよくわかってないかも・・・。昨日のテレビはチャンネルの8割が民主党大会を中継していて、ついつい見てしまったのだけれど、ケリーを支持しているという彼の戦友は、中継のインタビューでインタビュアーに「ケリーのどんなところに期待してますか?」みたいなことを聞かれて、「何をするか具体的にはわからんけど、ま、彼はやってくれると思うよ」てなトホホな回答をしていました。イテテテ。でもそれがホントのところなのかも。うーむ・・・。


私がDCに来てすぐにブッシュが大統領になったわけですが、そのあとテロ対策だ、イラク戦争だ、民間への政府業務アウトソースだと色々あったことで、DCの経済はかーなり上向きになり、まぁその恩恵を間接的にでも受けて、私たちはそれなりにComfortableな生活をしているわけで、自分達の現状「だけ」を見ていさえすれば、それはそれでいいのかなとも思ってしまったり・・・。自分の目の前の生活の利害を考えるか、アメリカの国全体の利害を考えるか、そして日本の視点からアメリカがどうなってほしいかで考えるのか、それとも世界レベルでアメリカがどうするべきなのかを考えるのか(そんなこと考えられるのかしら・・・)で、誰を支持するか、そしてその理由も変わってくるんだろうな。あー、そんな難しいことを考えてきたら頭がイタクなってきた・・。