愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。


星子のひとりが今日またママになった。すごく月並みだけど、おめでとう!陣痛の間にセレクトしてもらったワイン、美味しくいただきました。白ワインも、あなたの言うこときいておけばよかった。


誰かが「子育て」って言葉はキライ、って言ってたのをどこかで読んだのを思い出しました。でも「育児」はいいんだって。どちらにしても、これからは自分と彼だけではない、新しい家族の形ができていくわけね。私にはまだ未知な世界。自分と、彼がまざった小さいものが世の中に存在するということが驚異で想像がつきません。そして星子の仲間が母になるという自然のステップをたくましく踏んでいくのを見るのは、うれしい、というか、なんとも頼もしいと思う。いやー、女に生まれてよかった。