愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

フルート

 ヒンデミットでおさらい会

今習っているフルートの先生の生徒さんが全員集合して、おさらい会。会社帰りだし、金曜日だし、疲れたなぁ〜と思いながらも、ヒンデミットのフルートソナタ、第1楽章と第2楽章を演奏してきました。前日にピアノの先生とちょろっとリハーサルして、観客も子…

いべーる

先週は毎晩10時前に帰宅することが全くなかったので、プロジェクト管理の授業に続き、フルートのレッスンも「イメージトレーニングのみ」のダメダメ状態でのぞんでしまった。ウォーミングアップには、先生とクーラウのデュエットをえんえん5ページにわたって…

黒豆の音楽、横笛の音楽

Black Eyed PeasのメンバーWill.i.amさんのお話をきいてきました。一応超人気のバンドなんですよね・・・私は2曲ぐらいしかしらないんですが・・・。本当の名前はウィリアムだけど、名前を分解して、ウィル・アイ・アム。「夜露死苦」とあんまり変わらないで…

交響曲米騒動

どんなに仕事でどよーんと疲れていても、その後音楽を演奏しに向かうときの自分の足取りは軽いなぁ〜、と思いながらオーケストラの練習場へ。今回フルートの入りは遅いので、ちょっと遅れていったら、ソリストの子供さんがオケとピアノコンチェルトの練習中…

オケ第2弾

年末年始に第九をやったしょぼしょぼオケからまたお声をかけていただき、今シーズンもオケに参加することになった。今回の趣向は、「お上手な子供さんたちをソリストに迎え、コンチェルトの伴奏をして差し上げる」というもの。また練習期間が短いにもかかわ…

アンサンブル三昧

地元のしょぼしょぼオケに参加した勢いで、ここのところフルートを吹く機会が一気に増えたのがとても嬉しいです。オケのコンサートが終わったその週には早速、フルートのメンバー4人で集まってカルテットをやりました。 オケのライブラリアン(楽譜を管理す…

第九であけおめ

あけましておめでとうございます!!!今年も楽しい一年になりますように!!!! 年末年始はフルートを吹いて過ごせてよい1年の幕引き&1年の始まりになりました。会場は・・・おばかジョギングクラブで飲み会を開催したこともある教会(SMの仮装した人たちが…

桶で大工

うまれて初めてのオケストラでフルートを一生懸命吹いているのだけれど、私だけチューニングが合わずに浮いていて滅茶苦茶あせる。そしてなぜか舞台袖からは、ワイヤで宙吊りになったのだめのキャラ「真澄ちゃん」が出てくるのだけれど、アフロヘアーがでか…

恐怖のタファゴー

昔はピアノもフルートも、いかにレッスンをサボるかにココロを砕いていたものです(たとえサボらなくても大遅刻して先生に怒られたりしていた)。今になるとなんでそこまでレッスンがいやだったのかなぁ、とも思うのだけれど、多分練習曲が嫌いだったからな…

キモチイイ体験。はう〜。

会社帰りに、久し振りに同僚でピアニストのIちゃんとアンサンブルです。本日の御題は「ヒンデミスのソナタ」。おっと、日本ではドイツ語読みでヒンデミット(Hindemith)というんですね。そういえばバッハ(Bach)はこっちでは英語読みでバックとか呼ばれて…

桶で大工

私のフルートの先生が、もう一人のフルートの先生、R先生を紹介してくれました。なんでも一緒にアンサンブルできる人を探しているとか。早速会社帰りに、てくてく30分歩いて先生のお宅にお邪魔しました。もう一人のフルート吹きNさんと3人で色々とトリオを演…

クラシックのカラオケ、クラシックのジャズ

モーツアルトのフルートコンチェルト、ようやく仕上がってきました。夏休みでレッスンがイレギュラーだったこともあったけれど、とっても時間がかかってしまった。モーツアルトをやって思ったことは、譜面上は一見とても簡単そうに見えるのに、実際やってみ…

会社帰りのバスから。

今日は同僚でピアノが超うまいIちゃんと一緒に、仕事が終わってから会社のロビーにあるピアノを使ってフルートとピアノのアンサンブルをしてみた。これで2回目。シャミナーデのコンチェルティーノやら、フランスの近代曲を色々あわせてみた。もう一人同じ部…

モツアルト

大変だったプロコフィエフは、第4楽章もなんとかさらい終わり。完成には程遠いけれど、「少し寝かしておきましょう」ということになった。不思議なことに少し寝かせておくと、音楽にも丸みやまろやかさが出てくるのです。練習ばかりしているとどうしても力が…

ハチャメチャハチャトリアン

ひさしぶりの室内楽。フルートを吹くことはとても好きなのだけれど、もともとあきっぽく長続きしない性格なので(唯一続いているのがフルート、そしてこの日記かも)、たまに気持ちが全然違うところに行って練習に身が入らないことがある。最近は結構フルー…

マッスル君ライバル出現

コンサルの仕事をしているマッスル君、突然プロジェクトで街をしばらく離れることに成ってしまったので、暫くお別れです。失意に打ちひしがれた私に(嘘)、先生が新しいパートナーとしてクラリネットのお姉さんを紹介してくれて、初顔合わせ。早速お姉さん…

フラフラフルート

プロコフィエフの1,2,3楽章が終わって、次は恐怖の4楽章。25分ほどあるこの大曲を締める4楽章は、高音と装飾音と早指回しの連続。マラソンのラストスパートに大きな坂があるようなもので、とっても疲れる。さらに病み上がりときた暁には、吹きなが…

絡みは続くよ・・・

マッスル君とピアノの先生とのトリオもだいぶ板についてきました。でもやっぱり女性2対男性1では、男の子はおとなしくなっちゃうのでしょうか。先生と私が意見をいってばっかりで、マッスル君は結構にっこり静かにしています。思えば、去年の夏一緒にやった…

筋肉とバイオリン

マッスル君と楽しいアンサンブル。っていっても別にそんなに意識はしてないです(笑)今回は曲がなかなか決まりません。私がバロックはもうあきあき、といったら先生が色々現代曲の楽譜を用意してくれて、3つほどさらってみましたが、なんだかものすごくへん…

ふんばっても出ない

室内楽の次はソロのレッスン。正直会社が終わってからさらにバスを乗り継ぎレッスンに行き、遅くに帰ってくるのはしんどいものがあるのだけれど、1時間みっちりフルートを吹いた後の晴れ晴れすっきりとした気分には代えがたいものがあります。 ソロでは、憧…

これって恋かしら

以前、音楽でセクシーな体験(?!)(id:Marichan:20050908)を一緒にしてしまったマッスル君とよりを戻す。以前のチェリストのお姉ちゃんとコンビを解消したところ、室内楽のコーチが、またマッスル君とやらない?と提案してくれて、数ヶ月ぶりにご対面。冬…

大曲に挑戦

来学期のフルートのレッスン、仕事が(というか通勤が)大変で通うのをやめようか・・・と思っていました。でもこの間の発表会(室内楽ではないほう)でとてもリラックスして演奏できて、あまりにも気持ちが良かったので、結局続けることにしました。やっぱり好…

がっかりの週末

会社勤めになってからは、帰りが遅いのでフルートが全く触れない。今色々物事の優先度が変わりつつあるので、レッスンを続けるにしても、会社が終わった後も外が明るい夏時間に戻るまで、フルートは少しお休みしようかなとも思っている。で、ほとんど消化試…

風邪と巻き舌

もうすぐ発表会のシーズン。今練習中のピエール・サンカンのソナチネを発表会でも披露することになりました。風邪を引いたり、年末に向けて忙しくなったり、あまり練習できていない・・・。伴奏をしてくれるピアノの先生に楽譜を渡し、本番前に一度リハーサルを…

日記+I miss マッスル君

イーストベイのお友達カップルがたまたま市内にいるとのことで 車で突然拉致され一緒にお買い物とお食事。 ハロウィーンまであと1ヶ月、SFでは色々パーティーがあるので、 コスチュームを物色する。 その後チャンバーのセッションがあるミッションで路上開放…

飛ぶサンカン

今学期初めてのレッスン。 ずっとやりたい、と思っていたピエール・サンカンの「ソナチネ」を練習しています。 歳の近いS先生とは、フルートやそれ以外のことも色々おしゃべりしたり楽しいひととき。 1940年代に書かれたこの曲は、3つのパートから構成されて…

どか〜ん

教会でオトシヨリを招いたお昼間のコンサートに参加した。私ともう一人の生徒さんのソロ、そして私のフルートの先生と3人でトリオ、そしてその他プロの方々によるフルート四重奏。こんなに楽しい趣向はないはずなのに、朝から「行きたくないよう・・・」。人…

サンコンではなく、サンカン

とうとうサンフランシスコにも夏がやってきた。常夏リゾート地と思われがちなサンフランシスコ、しかし霧の摩周湖以上に厚い霧に覆われるのが8月。ようやく9月からは霧がはれ、「インディアン・サマー」が始まるらしい。昨日まで寒い寒いといっていたのに・…

演奏会の準備

フルートの先生が出るちょっとした演奏会に、一緒に出させていただくことになった。先生と、もう一人おばさまと3人で、「アレクサンダー・チェレプニン」という人が書いたトリオを練習。楽譜を貰った時は、「何これ?」という感じだったのだけれど、3人であ…

バッハのトリオソナタ

フルート、チェロ、バイオリン、ピアノで室内楽の練習。バッハは子沢山だったので、息子も何人か作曲家。そのうちCPEバッハのソナタをやっていたのが完成。なかなかいい感じなので、どこかでギグでもやりましょうということになる。 今日からは父ちゃんのJS…