読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

8ーでんねん

先日陳家は創立8周年を迎えました!わー、ぱちぱち。子供ができて、家族のダイナミズムも変わりましたが、とにかくこれからも愉快的陳家で。そして意外とこういうことはきっちりお祝いする我が家、お友達に小さいちゃんの面倒をお願いして、旦那とナイスディ…

 はっぴー伴天連タイン

バレンタインデーの翌日、久しぶりに旦那とふたりだけで夜お出かけ、1日遅れのバレンタインディナーに行きました。ちょうど今日本からおばあちゃんが来てくれているので、小さいさんの面倒お願いしました。というわけで、久しぶりに子供以外のネタだ! 向か…

ノースビーチでフードポルノ

良いカメラももらったことだし、お天気もいいし、小さいチャンもデイケアで遊んでるし。旦那と一緒に、久しぶりにサンフランシスコの「リトル・イタリー」であるノースビーチへ。子供が生まれる前にはそこそこ行っていたエリアでしたが、街再発見!というこ…

 流行りのフードトラック

最近ベイエリアでよく見かけるもの、それはフードトラック。といっても昔からオフィスの駐車場やら、道端やらでサンドイッチやブリトーを売りにくるフードトラックは多いですが、最近、ちょっとグルメ系?なフードトラックが流行っています。カップケーキと…

小さいちゃんはじめてのナイスディナー

会社の部署でちょいとボーナスが出たので、ちょいとおめかしして、旦那を連れていきたいなと思っていたレストランへ。このボーナス、ボーナスというか、家族や友人とどこでもいいから美味しいものを食べにいってよし、そのうち100ドル分出してあげる、と…

ユダヤのパン

美味しいものはたいてい揃うサンフランシスコではありますが、東海岸では普通にあったのに、なかなか手に入らないものもあります。美味しいベーグルもそのひとつ。やっぱり、美味しいちゃんとしたジューイッシュ系のベーカリーが無いような。まだ出あえてい…

 生誕日

9、9、9とゾロ目の今年、また1歳ぶん、賢くなりました! ここのところ、仕事が多忙を極めすぎている上に、友人の結婚式でちょっとした手伝いをすることになり、しかし遠距離でそのアレンジをしているために思ったよりも大変になり、さらにここのところず…

かに座・アラフォーの男

ここ数日、旦那の機嫌がちょっぴり変でした。なぜならば、誕生日が近づいているから!ここのところ、誕生日が近づくたびに軽くへこむ旦那。そう、今年38歳、完全にアラフォーの男なのです。「もうすぐ俺は40なんだ・・・(あと2年あるじゃん!)」「もう若く…

結婚記念卍固め

陳家は本日を持って創設5周年を迎えました。 創設記念行事というと、どうしてもロマンチックな何かに落ち着いてしまうのに飽き飽きな今日この頃。たまたま近所で「プロレス」をやっているということだったので、面白い!見に行こう!ということに・・・笑。 …

こだわりの中華料理屋。

チャイナタウンとダウンタウンの境目に、なんだか不思議な中華料理屋があるという。メニューは無く、その日に手に入る素材でシェフが何を作るか決める。完全予約制。 こちらがメニュー。 お品書きは無く、お値段のみ。値段が高いほど、出てくる量が多いとい…

週末のおいしかったもの

こんぶ茶の粉を入れてご飯を炊き、おせちの残りのたけのこの水煮をしょうゆとみりんで味付けして、よねちゃんのママにいただいた山椒入りのおじゃこで混ぜご飯。これまたおせちの残りの三つ葉とゆずもちょっと入れたら、もうこれは日本にしかない!という感…

ひだまきよしの謎

ももひゃんと美味しい〜小龍湯包を食べに行きました。小龍包じゃなくて、中にスープが入っている湯包のほう。さらに「許留山」というデザートのお店で中華甘味もいただきました。うまー。さてこのお店の名前、なんて読むのかよくわからないので、「ゆるさん…

 今日のおいしいもの

テンダーロインというちょっとヤヴァイところに、リトルサイゴンというベトナム料理屋さんが沢山あるストリートがあります。フォーもいけますが、ベトナムのサンドイッチなどもお気に入り。最近ではここにベトナムサンドイッチの「チェーン店」ができました…

くらむちゃうだああ

この日は12キロ走るレースがあり、友達と出る約束をしていたのに寝坊してしまった。そもそもレースって朝が早いので夜走る型の私にはツライ。スタート地点が遠いと5時とか6時に起きて頭がふらふらのまま走らないといけないのもツライ。さらに起きてすぐだと…

クサイあざらし・辛くて死ぬ

ここのところ、仕事疲れ、人疲れ。会社の外を歩いていると、普段ならまったく気にしない周囲の木々やお花を見て癒されている自分に気づき、はっ!!これは疲れてるな・・・と信号察知。 思えば大きな休みをとったのは、去年6月に中東を旅したとき以来。チー…

鼻ずるずる

マイミクのぽんたん卿の四川料理の記述を読んでいたら、辛いものが食べたくなったので、食べにいきました。でも行ったのは、四川ではなくて湖南料理店。麻婆豆腐はあの舌がしびれる四川の胡椒じゃなくて、赤唐辛子の辛さ、でもちょっと甘味があるのが特徴だ…

お店2件オボエガキ

ミッション地区にある、おされなお店Foreign Cinema。よく通る場所なのに、今までここにこんなお店があるなんてまったく気づいてなかった!半分屋外、半分屋内のお店の中では昔の映画がかかっていて、それを見ながらご飯も楽しめる。前菜のはまちのカルパッ…

真昼の肉泥棒など

気温が20度以上にあがって、気持ちの良い週末。ここのところ、仕事だ、フルートだ、さらに学校にも通い始めたりして忙しすぎたので、旦那と二人で市内をのんびり散策することにした。サンフランシスコはがんばれば違うカラーの地域に全部歩いて行けちゃう。…

愉快的陳家3周年

おかげさまをもちまして、愉快的陳家はこの日で3周年を迎えました!3年前のこの日、ニューヨークでの結婚式に来てくださった皆々様方、ありがとうございます!仕事の合間にきぃきぃと式の準備をしたり、式の前に雪が降ってびびったり、式の前日の夜トルココ…

中華新年・カリフォルニアツアー・麦ワイン (長いよ)

恭喜発財(ごんへいふぁっちょい〜)!今年の旧正月はちょうど日曜日。そして今年は60年に一度の「金の豚(中国の干支では亥年は猪年=イノシシじゃなくて、豚ちゃんなのです)」の年。この年に生まれた赤ちゃんは一生金持ちなんだそうです。本当か?!中華…

食べもの3編

その1先日マイミクのよねちゃんご夫妻と一緒に「インド・ピザ」なるものを食べに行きました。フュージョン料理は巷に多けれど、そしてチェーンのピザ屋さんでもたまに「タンドリーチキンピザ」とか「北京ダックピザ」みたいなものを出すところはあるけれど、…

共産主義の味?!

金曜日は久しぶりに会った友人夫婦と、東ドイツ料理屋に行ってみた。店にはマルクスエンゲルスにレーニンの肖像画がかかり、何でもサービスも東ドイツ風?なんだそうだ。 実際店に入ってみると、肖像画や東ドイツ時代のポスターやらが色々と飾られている。お…

驚異のインドネシア

マイミクよねちゃん、ハッシュ仲間のMちゃんとガールズナイト・ディナー。お目当てはミニ・チャイナタウンにあるビルマ料理屋だったのですが、平日の夜も道路にあふれんばかりの行列が出ているこの店、やっぱり入れませんでした。入ると回覧板のようなものが…

ヌードル・ナチ

久しぶりにマイミクよねちゃんと、旦那さんと4人でディナー。前々から行ってみたいなぁと思っていたチャイナタウンのレストランへ。ここには「ヌードル・ナチ」がいて面白いという話を友人から聞いていてオモシロそうや!と思っていたのだけれど、前を通るた…

べとなむめし

飾り気が無くて、いわゆる地元の定食屋かラーメン屋のようなこきたないお店のことをHole in a wallと呼びますが、壁に穴はあいてないもののなかなか美味しい近所のベトナム料理屋さん。ベトナム風カルパッチョ?生牛肉の薄切りの上に、クリスピーに揚げた玉…

クリスマスイブ写真集(長いよ)

クリスマスイブの日、サンフランシスコのお天気は快晴!とまでいかないけれど、とても温かくなりました。ここ数日温かくて、家事をしたり動き回っていると汗ばむくらいで、時にはTシャツ一枚になったり。でも風があったり夜は寒いので、秋っぽい感じとでもい…

日本人なら・・・・

ホリデーシーズンの里帰りで会えなくなる前に、と仲良しのJKカップルと、フィルモアストリートにあるペルー料理屋さん「Fresca」で晩御飯。アリゾナに住む、Kちゃんの弟がこの晩、運転してここに遊びに来ることになっていたので、晩御飯に合流できるかも、と…

月がピザパイのように丸く見えるとき・・・

今のところ、サンフランシスコで一番お気に入りのピザ屋さん「Za」のピザです。薄めのクラストに、ちょっとコーンミールがまぶしてあって、歯ごたえの良いのがたまりまへん。Za Pizza 1919 Hyde St San Francisco, CA 94109-2014 (415) 771-3100 Cross Stree…

生牡蠣と誕生日

ずっと前から参加をたくらんでいた、「Bridge to Bridge」のレース当日。 ベイブリッジからゴールデンゲートブリッジに向かって走る、毎年数万人が参加する 12キロのレースに、大分前からエントリーを決めていたのだけれど・・・・ 数日前から腰を痛めてしま…

お誕生日

あっという間にうまれて31年もたってしまいました。私が生まれたころは、まだみんなベルボトムをはいて眉毛が細くてフォークソングを歌っていたのに。 朝起きて、だんなさまによる手書きのイラスト入りバースデーカードをいただきました。プレゼントは、月曜…

ミッション・ツアー

Miyuちゃんamちゃんお二人と、チャリンコに乗ってミッション地域ツアー大会。坂さえ乗り越えれば、SF市内、バスに乗るより自転車で行ったほうが早い場所も結構あります。バイクレーンに乗ってスイスイ。普通に道端でマリアッチのおっちゃんたちが音楽を鳴ら…

 うげぽー

トニー・ボーデンという、料理界のBad Boyみたいなおっちゃんの本「Kitchen Confidencial」でも、「人間の体は神殿なんかじゃないよ。キレイなもんや安全なもんばっかり食べていてもつまらない。人間の体はジェットコースターなのだ!下痢してもゲロはいても…

市民ケーキ

ワシントンからのお客様と、お食事会をしてきました。 思えばDCを離れてもう半年。久しぶりの再会で、ダンナが妙に若返ったのを見て驚愕していたお客様。そう、DCは人の生気を吸い取るところ。一時はワシントンの政治的な一面にあてられて、げっそりと老け込…

辛いよ

ランチはお友達とタイ料理。テンダーロインと呼ばれるエリアは、変なお店も一杯あるし、夜になるとちょと怖いエリアでもあるのだけれど、美味しいタイ料理やベトナム料理屋さんなどが沢山あるのだった。タイカレー、タイ・スパイシーにしてとお願いしたらも…

スシ〜

サンフランシスコにはお寿司やさんはたーくさんありますが、その分当たり外れもたーくさん。日本のスシを期待していくと、びっくりするようなものが出てきたりします。これはもう、「カリフォルニアスタイルのスシはこういうものだ」と割り切って食べに行く…

みじかいにっき&チキン

肉団子のようなおばちゃんたちをかきわけ市民プールで500メートル泳ぐ。おしゃべりしにきたんだか、浮かびにきたんだかよくわからんチャイニーズのおばちゃんたち、おもむろに「誰が息が長く続くか競争しよう!」と潜水。ちょっと可愛い。 泳ぐ前にベトナム…

久しぶりのトルコ

サンフランシスコは東海岸に比べると、あんまり中東系のレストランが無いんだよ〜、という話を聞いていたのですが、久しぶりにトルコ料理屋さんに行きました。今回は友達の友達の友達として知り合いになったKV君と一緒。昔トルコに旅行に行って以来、我が家…

チョコレート鶏

みんな頭文字が一緒なのでTriple Msと呼んでいる仲良し3人組の一人、Mちゃんの大学時代の友人のお誕生日会に乱入。ユニオンスクエアの近くにあるメキシカン・ビストロに行く。メキシコ料理というと、いつもファストフード感覚で立ち寄るタコリアばかりに行っ…

しゃりまぁ〜る

小さいときから、お父さんが折り詰めに入れて持って帰ってきてくれるお土産はなぜか寿司ではなく、「インド料理」でした。特にそこに入っているマンゴーチャツネーが大好きで、それだけとっておいてちびちびなめていました。学生の時マジメに料理をしようと…

 スープキッチン

D君が市内にやってきていっしょにドイツ料理。近くに住むD2君も誘おうと、彼のアパートの前で車を止め、窓に向かって叫ぶがお留守。ドイツ語でスープキッチンという名前のこのレストラン、夜になると意外と静かになってしまうこの界隈で、唯一ワカモノで一杯…

でぃむさむ

両親とたまに週末の飲茶をすることもあるけれど、そうするとどうしても両親の指令のもとに同じものばかりを食べることになってしまい、フラストレーションがたまるので、たまにはダンナと二人だけで、しかも市内の飲茶に行ってみる。 Ton Kiang (東江) 582…

出たり入ったり

Fast Food Nation: The Dark Side of the All-American Meal作者: Eric Schlosser出版社/メーカー: Perennial発売日: 2002/01/08メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (2件) を見る ・・・という本があるのですが。マクドナルドなどアメリカのファ…

まちのすみっこ

新婚時代を今の我が家から数ブロックしか離れていないアパートで始めた義理姉夫婦にとっての思い出レストラン。数年前のクリスマスに家族で集まったときにもブランチに連れて行ってくれ、私たちがSFに引っ越してきたときのお祝いはこのお店のギフト券でした…

今日の人参

日々の生活にはやっぱり小さなご褒美が必要と、毎日何か一個楽しみを作っております。今日の人参ちゃんは、ビルマ料理。10人ぐらいで食べに行ったのですが・・・初めて食べたけどおいしかった!ちょっとチャイニーズ風なものもあるのですが、「カレー」とい…

恐怖のばんばんじー

ミニ・チャイナタウンのあるリッチモンドでお昼ご飯。重慶、成都、台北上海にもお店があるらしい「辣妹子」。おされな内装で夜遅くまであいていて、クラブに行く前にチャイニーズアメリカンの子達がここでご飯を食べるらしい・・・確かにおされっぽい感じに…

まんじゃーれいたりあーの

サンフランシスコで遅くまであいてるのはノースビーチ、らしい。しかし結構観光スポットでもあって、イタリア地域でもあるここにご飯を食べにきたものの、びっちーなウェイトレスの態度に切れる。さらにペイストリーショップでカフェイン抜きのコーヒーくれ…

腹踊りディナー

金曜日はIzuちゃんのお誕生日。遅ればせながらお誕生日ディナーを!でも残念、Izuちゃんのダンナちゃんはお仕事で来れず・・・3人でモロッコ料理とおねえちゃんの踊りを見てきました(お写真はこちらid:nadi:20050410)。食事を忘れて見入るだんな。最後には…

いつも固まる露西亜料理

ダンナさまとでぃなーでいとに露西亜料理屋へ。露西亜料理というと「ぼるしち」「ぴろしき」ぐらいしか浮かばない。ぼるしちってずっとかぶと野菜のぶつ切りをことこと煮た野菜スープだと思っていたのですが、大学時代初めてニューヨークで友達と「ぼるしち…

どいつ料理

日中我が家にお客様が6人もどやどやとやってきました。家に人のエネルギーがあふれるのはとっても気持ちいい。しかしお客様がお帰りになった夕方にはものすごく疲れてしまいました。 写真を撮るのを忘れてしまいましたが夜はドイツ料理。ビールとポテトパン…

 メキシカン大好き

サンフランシスコに来てうれしいのはやっぱりご飯がおいしいこと。ワシントンは政治の街で、そうしたら接待とかで使うような高級なレストランはあるでしょう、と思うのですがあんまりたいしたことありません。ちょっと内陸に入っているのでフレッシュなお魚…